読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rollei 35の修理その他モロモロ

2014年当時、Rollei35の修理をたくさんやっていました。

f:id:OptoEleMech:20160906002602j:plain

内部のモルトプレーンが朽ちていたので、

f:id:OptoEleMech:20160903222455j:plain

f:id:OptoEleMech:20160903223000j:plain

張りなおします

f:id:OptoEleMech:20160903223006j:plain

巻き上げレバーのダンパーが無くなっていたので、樹脂を削って製作し、

f:id:OptoEleMech:20160906002930j:plain

f:id:OptoEleMech:20160906002937j:plain

取り付けました。

f:id:OptoEleMech:20160906002948j:plain

フィルム巻き上げレバーの蓋の部分のネジが折れてしまっていたので、

f:id:OptoEleMech:20160906003103j:plain

ネジを製作し、

f:id:OptoEleMech:20160906003146j:plain

元の部品のネジは削り取って、

f:id:OptoEleMech:20160906003213j:plain

新たに製作したネジ部品を瞬間接着剤で取り付けたり、

f:id:OptoEleMech:20160906003235j:plain

f:id:OptoEleMech:20160906003311j:plain

レンズ鏡筒の前面の飾りリングが無くなっていたので、

f:id:OptoEleMech:20160906003337j:plain

これも樹脂を削って似たものを製作し、

f:id:OptoEleMech:20160906003432j:plain

f:id:OptoEleMech:20160906003440j:plain

f:id:OptoEleMech:20160906003447j:plain

f:id:OptoEleMech:20160906003459j:plain

取れてしまっている部分に、はめ込めば・・・

f:id:OptoEleMech:20160906003509j:plain

f:id:OptoEleMech:20160906003525j:plain

2台のRollei 35 LEDを並べてもどちらが正規のリングなのか区別がつかなくなりました。

f:id:OptoEleMech:20160906003538j:plain

Rollei 35の修理

2014年に行っていた次のプロジェクトはRollei35の修理でした。

f:id:OptoEleMech:20160903222059j:plain

f:id:OptoEleMech:20160903222104j:plain

シンガポール製のローライ35です。

フィルムの巻き上げがうまくいきません。

中を開けると、プラスチックのギアの一部が破損しています。

f:id:OptoEleMech:20160903222116j:plain

f:id:OptoEleMech:20160903222125j:plain

交換部品が手に入らないので、ギアを作り直します。

サイズが一致するギアカッターを購入。

f:id:OptoEleMech:20160903222303j:plain

ギアを切り出すためにロータリーテーブルに三爪チャックを取り付ける盤を製作します。

f:id:OptoEleMech:20160903222543j:plain

f:id:OptoEleMech:20160903222549j:plain

f:id:OptoEleMech:20160903222558j:plain

f:id:OptoEleMech:20160903222616j:plain

外径を削ります。

f:id:OptoEleMech:20160903222620j:plain

チャックを位置出しできるように表面を一段落とします。

f:id:OptoEleMech:20160903222624j:plain

旋盤に取り付け

f:id:OptoEleMech:20160903222632j:plain

芯だしし、

f:id:OptoEleMech:20160903222657j:plain

真ん中の穴を広げます。

f:id:OptoEleMech:20160903222700j:plain

チャックを取り付けて完成

f:id:OptoEleMech:20160903222719j:plain

f:id:OptoEleMech:20160903222708j:plain

三爪の芯が出ていることを確認。

安い三爪なので、掴むだけで数ミクロン出れば上等でしょう。

f:id:OptoEleMech:20160903222712j:plain

真鍮でギアを製作します。

f:id:OptoEleMech:20160903222743j:plain

ロータリーテーブルに取り付け、ギアを加工します。

f:id:OptoEleMech:20160903222806j:plain

f:id:OptoEleMech:20160903222815j:plain

バネを引っかけるピンを取り付ける穴を開けます。

f:id:OptoEleMech:20160903222831j:plain

プラスチックの部品と組み合わせるため、軸をIカットします。

f:id:OptoEleMech:20160903222841j:plain

ピンの製作

f:id:OptoEleMech:20160903222850j:plain

f:id:OptoEleMech:20160903222859j:plain

f:id:OptoEleMech:20160903222908j:plain

元々のギアの部品を加工したものと組み合わせます。

f:id:OptoEleMech:20160903222920j:plain

ぴったり組み込むことができました。

f:id:OptoEleMech:20160903222941j:plain

f:id:OptoEleMech:20160903222950j:plain

カバーを戻して完成。

f:id:OptoEleMech:20160903224000j:plain

 

Nikon Reflex 500mm F8 New

過去のスキャナカメラ以外のプロジェクトとしては、反射望遠レンズの「Nikon Reflex 500mm F8 New」のメンテナンスがありました。

f:id:OptoEleMech:20160901232255j:plain

オークションで安く手に入れたレンズですが、カビが生えていることが分かっていました。

f:id:OptoEleMech:20160901232328j:plain

まずは、分解からスタート。

f:id:OptoEleMech:20160901232344j:plain

f:id:OptoEleMech:20160901232420j:plain

f:id:OptoEleMech:20160901232428j:plain

他のレンズも曇っています。

f:id:OptoEleMech:20160901232449j:plain

レンズを磨いてカビを取り除きます。

 

f:id:OptoEleMech:20160901232528j:plain

f:id:OptoEleMech:20160901232539j:plain

高さを記録しておいた通りか確認しながら組みます。

f:id:OptoEleMech:20160901232704j:plain

ヘリコイドグリースも新たに塗りなおして完成

f:id:OptoEleMech:20160901232603j:plain

近所のベランダを修理前に撮影したもの

f:id:OptoEleMech:20160901232928j:plain

修理後に撮影したもの

f:id:OptoEleMech:20160901232941j:plain

コントラストがかなり良くなっています。

 

スキャナカメラ

以前のブログはスキャナカメラの製作記録を残すことから始まりました(2014年)。

当時、フラットヘッドスキャナを改造して中盤カメラに取り付けて、高精細な撮影をする試みがネットで行われていたので、それらを参考に自分でも製作したくなったので、真似をしてみることにしました。

EPSONのGT-F500をオークションで購入し、バラして部品を取り出します。

f:id:OptoEleMech:20160831235338j:plain

f:id:OptoEleMech:20160831235347j:plain

 

f:id:OptoEleMech:20160831235444j:plain

ラインスキャナ部分

f:id:OptoEleMech:20160831235452j:plain

工作色々やって、ケースに組み込みなおし・・・

f:id:OptoEleMech:20160831235614j:plain

f:id:OptoEleMech:20160831235655j:plain

f:id:OptoEleMech:20160831235707j:plain

で、完成したスキャナバックがこちらでした。

f:id:OptoEleMech:20160831235739j:plain

f:id:OptoEleMech:20160831235751j:plain

で、撮影した写真がこちらです。

f:id:OptoEleMech:20160901000213j:plain

上の写真の一部を確認したのがこちら。

f:id:OptoEleMech:20160901000230j:plain

f:id:OptoEleMech:20160901000243j:plain

 

ブログ再開しました

以前、Yahoo!ブログにて、OptoroTechの日記(現在はリンク切れ)として、カメラ等に関する備忘録を書いていたのですが、今年(2016年)の5月にYahoo!のIDを間違って整理して、ブログを消滅させてしまいました。

新たにこちらにて、OptoEleMechの日記として再開しました。

Optronics、Electronics、Mechatronicsに関する趣味を記録していく予定です。