CASIOの関数電卓fx-CG50の電源を入れてみました

個人輸入したCASIOの最新関数電卓fx-CG50を開封し、電池を入れて起動させました。

f:id:OptoEleMech:20170526001640j:plain

やっぱり、ブリスターパックは、開けにくいですね。

f:id:OptoEleMech:20170527235855j:plain

裏側に箱が入っています。

f:id:OptoEleMech:20170527235910j:plain

ケーブルと、保証書や、クイックスタートガイド、単4電池4本が入っています。

f:id:OptoEleMech:20170527235916j:plain

電源は単4電池4本です。

起動すると言語選択からスタートします。中国語はあっても日本語はありません・・・。

f:id:OptoEleMech:20170527235924j:plain

メインメニュー画面はこんな感じです。

1画面では収まらず、メインメニューもスクロールします。

f:id:OptoEleMech:20170527235932j:plain

例えば、周期表を表示すると、高画素なので全体を表示できます。

f:id:OptoEleMech:20170527235940j:plain

DETAILを押すと、写真入りで説明を見ることができます。

f:id:OptoEleMech:20170527235949j:plain

fx-JP900のメインメニューと比べると、かなり見やすいですね。

f:id:OptoEleMech:20170527235958j:plain

通常の計算もスクロールして前に行った計算が画面上に見えています。

fx-JP900では、画面上は現在の計算のみが表示されます。

f:id:OptoEleMech:20170528000006j:plain

なかなか使いやすそうです。

まずは、ここまで。