OptoEleMechの日記

主に時計、電卓、カメラの話題

カメラ

Cameraholics Vol.5

Cameraholics Vol.5がライカNoctiluxの特集でした。色々役に立つ情報もあり、比較的、楽しめる内容でした。Cameraholicsという本は初めて読みました。 写真家のエッセイのようなものもたくさんあるのですが、今一つな内容もたくさん含まれていて、記事のクオ…

Leica Mマウント キャップ

復刻版NOCTILUX-M 50mm f/1.2 ASPH.の付属のマウントキャップは金属製です。 こういう部分も特別なのは良いのですが、傷がついて交換しようとすると、パーツが高いという問題が生じます。 ということで、レンズのマウントキャップを購入しておきました。 写…

Leica(ライカ) NOCTILUX-M(ノクティルックス-M) 50mm f/1.2 ASPH.

今年の2月に発売が発表された次の日に世界限定100本のシルバーのNOCTILUX-M 50mm f/1.2 ASPH.をライカストアで予約していたのですが、日本に入荷する数が少なく、2月末に予約はキャンセルになってしまいました。仕方が無いので限定ではないブラックに予約を…

撮り比べ

先日、アジサイをフラワーショップで購入したので、色々なカメラで撮り比べてみました。 カメラ撮り比べ まず、先日、目測では上手く撮影できなかった7Artisansのf5.6/35mmをライカ純正の電子ビューファインダーのビゾフレックスを取り付けて撮影。 M10R+7Ar…

Leicaのルーペ

前からポケットルーペが欲しかったのですが、あまり良さそうなものが無かったので、購入出来ていませんでした。ようやく見つけた理想的なLeicaのルーペを購入しました。 「Nikon 宝石鑑定用ルーペ 10X」は、反射防止コートがついていないのとプラスチックボ…

Leica キーリング

Leica Keyring ライカロゴのキーリングをLeica Japanのオンラインショッピングで1月に予約申し込みをしてあったのですが、全く入荷しそうにないので、Leica Japanにはキャンセルの連絡をして、在庫のあるLeica Store Miamiで注文しました。 ライカジャパンの…

家の近所の桜

少し前に届いた「七工匠 7Artisans 35mm F5.6」をテストしてみようと、自宅付近の桜を撮影してみました。 optoelemech.hatenablog.com 7Artisans 35mm F5.6 こんなパンケーキレンズです。そして下の桜の写真が、このレンズで撮影したものです。 確かに味のあ…

七工匠 7Artisans 35mm F5.6

七工匠(しちこうしょう)7Artisans 35mm F5.6の新しい色が出たというニュースが少し前に出ていたので、AliExpressで注文してありました。結構時間がかかって、本日ようやく届きました。 以前は、側面がゴールドのものしかなかったので、興味はあったのです…

ニコンミュージアム限定「F3誕生40周年記念ウォッチ」

少し前にニコンミュージアム限定「F3誕生40周年記念ウォッチ」を購入してあったのですが、ブログでは紹介していなかったので、紹介しておきます。 F3誕生40周年記念ウォッチ 文字通り、フィルムカメラのNikon F3の40周年を記念した時計です。 dc.watch.impre…

Leica Mマウント用 Nikon FマウントGタイプレンズアダプター

Leicaの純正レンズはレンジファインダーの距離計連動のため、最短撮影距離が70cm以上となっている場合が多いのですが、時計のような小物を撮影するには小さくしか写せないので不便です。 そこで、NikonのFマウントのマクロレンズをLeica M10-Rに取り付けて撮…

Canon PoerShot S100の修理

2011年に約5万円で購入したPowerShot S100は、PowerShot G7Xを購入後に妻に譲ったのですが、先日、レンズエラーで故障しました。 元々S100はレンズエラー問題があり、無償修理対象でした。自分の持っていたものも対象品だったので、一度修理しています。 cwe…

カルディのカメラ缶

カルディ・コーヒー・ファームで昨年も販売されて売り切れ続出だった、カメラ型のチョコレート缶を売り切れる前に購入しました。 ライカ・タイプとローライフレックス・タイプの2種類の形があります。そしてそれぞれに茶色の色違いもあるので、合計4種類販売…

D1 MILANO KODACHROME Analog Watch Limited Edition

POWER WATCHのサイトを少し前に見ていて、カメラと時計を趣味にしている自分にとっては、「どうしても入手しないと!」という時計の記事がありました。 www.powerwatch.jp それが、D1 MILANOのKODAKとのコラボレーションモデルです。 箱が素晴らしいですね …

時計の撮影

時計関連のブログを見ていて、皆さん非常に綺麗に時計の写真を撮っているので、僕も撮影の練習をしようと思いました。 リング照明とマクロレンズを使用して、時計雑誌の写真のように撮影できるか試してみました。 リング照明 40mmマクロレンズ 風防ガラスに…

いろいろなカメラのテスト(続き)

ほかのカメラでも、撮影していたので、昨日の続きをアップしておきます。 縮小した画像では違いが判りませんが・・・。 まずは、チェキ! 味があるといえば、それまでですが、やはり、ちょっと眠たい画質ですね。 次は、Instaxワイド 基本的には、フィルムは…

テスト撮影

家にある色々なカメラのテスト撮影をしてみました。 まずは、メインカメラのD500 16-80mm f/2.8-4.0の焦点距離42mm付近(35mm換算) 35mm f/1.8 40mm f/2.8 この画像サイズでの違いはほとんどわかりませんね。 40mmはマクロなので、近寄れます。 サブカメラのP…

Solmeta Geotagger Pro 2

撮影場所の記録用にNikon D500には、Solmeta Geotagger Pro 2を取り付けて撮影しています。 スマートフォン用アプリのSnapBridgeを使用すれば、携帯のGPS情報を撮影時にファイルに記録できるので、不要な気もするのですが、Geotagger Pro 2には、Nikon純正GP…

Leica(ライツ・パーク)とZEISS(ツァイス光学博物館)

先日、ドイツに旅行に行ってきました。 2014年に新しくオープンしたヴェッツラー(Wetzlar)のライツ・パークを訪問しました。 ミュージアムを見学をし、ショップでお土産を買いました。 いかにもライカのアクセサリーっぽい箱に入っているものは、 ネックスト…

Nikon F

オブジェにしようと思って、オークションで入手したNikon Fですが、一緒についてきた「ニッコールH・Cオート 28mm F3.5」(Nikkor H C AUTO 1:3.5 f=28mm)は、カビが生えていたので、ふき取りました。 正面から見ると1枚目のレンズにカビが・・・。 カニ目…

Rollei 35

Rollei 35を色々集めて、結局、このようなコレクションになっていました。 Rollei 35のストロボのホットシューはカメラの下面についています。 普通にストロボを取り付けると、このような形になります。 下から光が当たることになるので、このような純正のア…

Rollei 35の修理その他モロモロ

2014年当時、Rollei35の修理をたくさんやっていました。 内部のモルトプレーンが朽ちていたので、 張りなおします 巻き上げレバーのダンパーが無くなっていたので、樹脂を削って製作し、 取り付けました。 フィルム巻き上げレバーの蓋の部分のネジが折れてし…

Rollei 35の修理

2014年に行っていた次のプロジェクトはRollei35の修理でした。 シンガポール製のローライ35です。 フィルムの巻き上げがうまくいきません。 中を開けると、プラスチックのギアの一部が破損しています。 交換部品が手に入らないので、ギアを作り直します。 …

Nikon Reflex 500mm F8 New

過去のスキャナカメラ以外のプロジェクトとしては、反射望遠レンズの「Nikon Reflex 500mm F8 New」のメンテナンスがありました。 オークションで安く手に入れたレンズですが、カビが生えていることが分かっていました。 まずは、分解からスタート。 他のレ…

スキャナカメラ

以前のブログはスキャナカメラの製作記録を残すことから始まりました(2014年)。 当時、フラットヘッドスキャナを改造して中盤カメラに取り付けて、高精細な撮影をする試みがネットで行われていたので、それらを参考に自分でも製作したくなったので、真似をし…

ブログ再開しました

以前、Yahoo!ブログにて、OptoroTechの日記(現在はリンク切れ)として、カメラ等に関する備忘録を書いていたのですが、今年(2016年)の5月にYahoo!のIDを間違って整理して、ブログを消滅させてしまいました。 新たにこちらにて、OptoEleMechの日記として再開し…