OptoEleMechの日記

主に時計、電卓、カメラの話題

CP+ 2024

毎年恒例のCP+に行ってきました。 CP+ 会場は、お馴染みのパシフィコ横浜です。 パシフィコ横浜 入った扉の目の前はOM SYSTEMでした。 OM SYSTEM Canonがあり、 Canon VR撮影用のレンズやカメラの展示とデモが行われていました。 VR用 Nikonは、Z8推しでした…

EURAILのデュアルタイム時計

10年以上前に、ヨーロッパ旅行をしたときにユーレイルパスを使ったのですが、その時にアンケートに答えたら、この時計が記念品として送られてきました。 机の上に置いてあったのですが、先日電池が切れてしまいました。 ノベルティ ということで、電池交換し…

第50回 世界の中古カメラ市

松屋銀座で、2024年2月16日(金)から2月21日(水)のスケジュールで、「第50回 世界の中古カメラ市」が開催されます。 そのイベントの案内ページを見ていたら、「現役大学生に聞いてみた! ぼく・わたしが、フィルムカメラに惹かれる理由。」という記事が載って…

LIGHT LENS LAB M NOCTILUCENT 50mm f/1.2 ASPH.

LIGHT LENS LABから1966年に登場したLeica Noctilux M 50mm F1.2を再現したM NOCTILUCENT 50mm f/1.2 ASPH.が今年初めに焦点工房で販売を開始しました。中国の投資家の周さんの作ったものなので「周ノクチ」と呼ばれています。 僕は、本家Leicaが復刻したNoc…

Nikon Z8のファームアップ

Nikon Z8の新しいファームウェアが発表されたので、早速更新しました。 SDカードに最新ファームウェアを入れる Nikonの発表内容はこちらです。 ダウンロード先はこちら Nikon | Download center | Z 8 現在のバージョンは1.01で、2023年8月23日の前回の更新…

Rollei35用シャッターレリーズ

浅沼商会のRollei公式プロダクトから、「Rollei35用シャッターレリーズ」が発売されています。 Rollei 日本製です。 MADE IN JAPAN いかにも往年のRolleiっぽい箱 パッケージは大きいのですが、中に入っているのはシャッターレリーズボタン1個です。 注意書…

カメラのピンバッジ

浅沼商会からカメラピンバッジが5種類発売されました。 一つはポラロイド風で、他は一眼レフカメラ風で、色違いが3種類です。僕はオーソドックスなカラーリングのものを購入しました。 ポラロイド風と一眼レフ風 ※当ブログではアフィリエイト広告を利用して…

スイスの駅の時計とモンディーン ストップ・トゥ・ゴー(MONDAINE STOP2GO)

昨年末に行ったスイスのサン=ティミエの駅で、有名なホームの時計を動画で撮影してありました。 スイス連邦鉄道(SBB)の時計 St-Imier 1944年にハンス・ヒルフィカー(Hans Hilfiker)というスイスの技術者がスイス連邦鉄道のために設計したものです。正確な…

CASIO G-SHOCKのノベルティ

昨年末のキャンペーンで、G-SHOCKのノベルティが色々貰えましたが、MR-Gを購入した際の特典としてこれを貰いました。 豪華な箱 ウォッチピローセット 同封されていた説明書によると、G、S、Cはメタルバンドモデル用で、Oは樹脂バンドモデル用とのことです。D…

台北101

台湾に出張に行っていたので、更新が開いてしまいました。 帰国前に少し時間があったので、台北101に寄って、時計店を見てきました。 台北101 台北101は2004年に完成し、地上101階建てで、高さは509.2mです。2007年7月にドバイのブルジュ・ハリファに抜かれ…

スイス旅行(その13)ゼニス(Zenith)

ル・ロクルの駅から数百メートル歩いたところにゼニスの工場があります。 経路 工場見学はゼニスのホームページから予約できます。 www.zenith-watches.com 朝9時から昼過ぎまで3時間以上かけて説明してくれます。予約時にはお客様駐車場で待ち合わせと書い…

スイス旅行(その12)ル・ロクル時計博物館(Musée d'Horlogerie du Locle)

ラ・ショードフォンから、ル・ロクルに移動しました。 9分で着きます 駅からル・ロックル時計博物館までは徒歩で20分ぐらいかかります。高低差があるので結構坂を上らないといけません。 駅の裏の階段を上るとミュージアムの標識があるので、それに従って進…

スイス旅行(その11)国際時計博物館(Musée international d'horlogerie)

Le Brassus(ル・ブラッシュ)のHôtel des Horlogers(オテル・デ・ホルロジェ)をチェックアウトして、ラ・ショードフォンにあるスイス最大の時計博物館の国際時計博物館に向かいました。 ラ・ショードフォン 朝、ル・ブラッシュを出て、昼頃に国際時計博物…

スイス旅行(その10)オテル・デ・ホルロジェ (Hôtel des Horlogers)

ミュゼ アトリエ オーデマ ピゲ (Musée Atelier Audemars Piguet)の見学を終えて、今日の宿泊先のHôtel des Horlogers(オテル・デ・ホルロジェ)に向かいます。 ホテル ここは、2022年6月にグランドオープンしたばかりのオーデマピゲが作ったホテルです。 …

スイス旅行(その9)ミュゼ アトリエ オーデマ ピゲ (Musée Atelier Audemars Piguet)

Le Brassusは近代的な駅舎です。 Le Brassus 駅から10分ほど歩くと、ミュゼ アトリエ オーデマ ピゲに到着します。 道 ここは、本社入り口。 Audemars Piguet その先にミュゼ アトリエ オーデマ ピゲの入り口があります。 ミュゼ アトリエ オーデマピゲ この…

スイス旅行(その8)エスパス オルロジェ(Espace Horloger)

次の目的地に向かうため、ジュネーブから電車でジュー渓谷へ向かいます。目的地の最寄り駅はル・サンティエです。そこにジュウ渓谷時計センター博物館、エスパス・オルロジェ(Espace Horloger)があります。 ジュネーブから移動 ジュネーブから渓谷へ向かう…

スイス旅行(その7)ジュネーブ3

ジュネーブを歩いていると時計店に遭遇します。F.P.ジュルヌのショップはレストランからそれほど遠くはありません。 F.P.ジュルヌ F.P.ジュルヌの隣の建物にヴァシュロン・コンスタンタンがあります。 ヴァシュロン 中を覗いてみました。このようなムーブメ…

スイス旅行(その6)ジュネーブ2

パテック・フィリップのジュネーブ・サロンを訪問したあと、11月にオープンしたばかりの、F.P.JOURNE Le Restaurantに行きました。パテック・フィリップから数分の距離です。時計師F.P.ジュルヌと、シェフのドミニク・ゴーティエのコラボレーションのレスト…

スイス旅行(その5)ジュネーブ1

ロンジンのミュージアムを見学した後、一気にジュネーブまで移動しました。その日はホテルに泊まって、次の日の朝から行動開始です。 遠くに山が見えて、ビルの上には時計ブランドの看板があります。 ジュネーブの看板 レマン湖の有名な噴水は、この時期は朝…

スイス旅行(その4)番外編

今回の旅行中に妻のスーツケースのホイールのラバーが次々と割れて外れました。 行く先々で雪が降って氷点下の気温になったので、劣化していたラバー部分が硬化して割れたようです。 最終的にラバーが残ったのは1輪だけでした。 壊れたホイール ラバーが取れ…

スイス旅行(その3) ロンジンミュージアム

ロンジンのミュージアムを訪れるために、ビール/ビエンヌからサン=ティミエに列車で移動します。 移動 ミュージアムを見学するには事前に予約する必要があります。ホームページから申し込むことができます。 www.longines.com 月曜日から金曜日まで開館09:00…

スイス旅行(その2) スウォッチミュージアム

オメガミュージアムの上の階(3階)にあるのがスウォッチのミュージアムのPlanet Swatchです。 かなりの数のスウォッチが展示されています。テーマごとに床のラインに沿って見学していくことができます。 スウオッチミュージアム スウォッチミュージアム ファ…

スイス旅行(その1) オメガミュージアム

先日、スイス旅行に行ってきました。 最初は、ベルンの近くのビール/ビエンヌを訪問しました。今回、ドイツから列車で移動しましたが、途中で雪がかなり積もっていました。 雪 ビール/ビエンヌ 駅はこんな感じです。 駅 駅から2kmぐらいの場所にあります。…

フルカーボンG-SHOCK (GCW-B5000) (その4)

旅行に行っていたので、ブログの更新が出来ていませんでした。旅行の詳細は徐々に書いていこうと思います。 旅行前にフルカーボンG-SHOCKのGCW-B5000UN-1を受け取ってきてあったので、まずはそれを紹介しておきます。 箱 40周年記念のボックスです。金額が高…

ジャガー・ルクルト (Jaeger-LeCoultre)【THE 1931 CAFÉ】

東京ミッドタウンで本日まで開催されていた「THE 1931 CAFÉ」に行ってみました。 THE REVERSO STORIES 展示は少しだけで、あまり多くはありませんでした。 THE 1931 CAFÉ 新聞のようなレベルソの歴史を紹介する配布物が置いてあり、アンケートに答えると無料…

フルカーボンG-SHOCK (GCW-B5000) (その3)

大丸東京店の1階で28日まで「YAMAGATA PRIDE~CASIO WATCH&山形正宗 拘りの逸品~」というイベントを開催しています。 カシオと水戸部酒造とのコラボレーションイベントのようです。 日本酒とのコラボ カシオは、G-SHOCKの最上級ラインの「MR-G」と「OCEANU…

Jack Mason Dr Pepper Strat-o-timer GMT (その3)

Jack Mason Dr Pepper Strat-o-timer GMTが売り切れたようです。 売り切れ https://www.instagram.com/p/Cz40NCxtM79/ 個人的にはもっとすぐに売り切れるのかなと思っていたのですが、1か月ほどかかりました。小さなブランドなので、限定品でもこれぐらいの…

G-SHOCK 40th Anniversary Book(洋書)

先日発売になった、「G-SHOCK 40th Anniversary Book(洋書)」が届きました。 日本では、CASIO公式オンラインで発売されましたが、すぐに売り切れたようです。 G-SHOCK 40th Anniversary Book www.casio.com G-SHOCKの豪華記念本という感じです。 ケースを…

Leica SOFORT2

巷で話題のLEICA SOFORT2ですが、発表と同時に予約してあったので、先週10日(金)の発売日に入手してありました。 Leica SOFORT2 市場では品薄状態で、入荷待ちのようです。ただ、急いで買わなくてもすぐに入手できるようになると思います。 中身は、富士フィ…

フルカーボンG-SHOCK (GCW-B5000) (その2)

予想通り10日に発表になったフルカーボンのG-SHOCK GCW-B5000UN-1JRと、GCW-B5000UN-6JRですが、11日午前0時から予約受付が開始しました。 ブラックの1JRの方が人気があるみたいで、楽天やYahoo!ショッピングではすぐに売り切れになっていました。 6JRは、普…