OptoEleMechの日記

主に時計、電卓、カメラの話題

オーデマ・ピゲ(AUDEMARS PIGUET)

台北101

台湾に出張に行っていたので、更新が開いてしまいました。 帰国前に少し時間があったので、台北101に寄って、時計店を見てきました。 台北101 台北101は2004年に完成し、地上101階建てで、高さは509.2mです。2007年7月にドバイのブルジュ・ハリファに抜かれ…

スイス旅行(その10)オテル・デ・ホルロジェ (Hôtel des Horlogers)

ミュゼ アトリエ オーデマ ピゲ (Musée Atelier Audemars Piguet)の見学を終えて、今日の宿泊先のHôtel des Horlogers(オテル・デ・ホルロジェ)に向かいます。 ホテル ここは、2022年6月にグランドオープンしたばかりのオーデマピゲが作ったホテルです。 …

スイス旅行(その9)ミュゼ アトリエ オーデマ ピゲ (Musée Atelier Audemars Piguet)

Le Brassusは近代的な駅舎です。 Le Brassus 駅から10分ほど歩くと、ミュゼ アトリエ オーデマ ピゲに到着します。 道 ここは、本社入り口。 Audemars Piguet その先にミュゼ アトリエ オーデマ ピゲの入り口があります。 ミュゼ アトリエ オーデマピゲ この…

マイクロウォッチブランドの時計 Xeric Vendetta II Automatic

前の記事の「MICRO BRAND 攻略BOOK」には載っていないマイクロブランドの時計を持っています。Xericというアメリカユタ州の会社のブランドのVendetta II Automaticです。 ホームページ:Vendetta II Automatic この時計は、通常の3針の時計ではなく、Wanderi…

AudemarsPiguet Royal Oak: From Iconoclast to Icon(その2)

先日注文した、ASSOULINEのROYAL OAKの本が早速届きました。 届きました 前回の記事はこちら。 A3サイズぐらいの大型本なので、購入してから、そのサイズに驚かないようにしてください。届くときの箱は、A2サイズぐらいあります。 かなり大型の本です 美術本…

AudemarsPiguet Royal Oak: From Iconoclast to Icon

今年、オーデマピゲのロイヤルオークが発売されて50周年です。40周年の時に本が発売されていたので、今年も50周年の本が発売されると思っていたのですが、なかなか発売されませんでした。 今日、ようやく発売が決まったようです。HODINKEEに記事が出ています…

オーデマ ピゲ(Audemars Piguet) ブティック 銀座 『こんなロイヤル オーク、見たことない』展

このブログは自分の備忘録を兼ねているので、忘れないうちに記事にしておきます。 7月3日(日)にオーデマピゲブティック銀座で開催されている『こんなロイヤル オーク、見たことない』展をWebで予約して見に行きました。 オーデマピゲ ブティック銀座 ブティ…

スペシャルエキシビション「ロイヤル オーク 時を刻んだ50年」

東京ミッドタウンの「21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3」で開催されている、オーデマピゲのロイヤルオーク誕生50周年を記念したイベント「ロイヤル オーク 時を刻んだ50年」を見に行きました。 21_21 DESIGN SIGHT ロイヤル オーク 時を刻んだ50年 展示自体は…