SwissMicros DM42とDM16L

SwissMicrosの電卓DM42とDM16Lを購入しました。

f:id:OptoEleMech:20180221225759j:plain f:id:OptoEleMech:20180221225737j:plain

DM42はHewlett-PackardのHP-42Sの互換的な機種です。

DM16LはHP-16Cの互換機です。

緩衝材もない非常に簡易的な梱包で発送されてきました。

f:id:OptoEleMech:20180221225916j:plain

DM16Lの液晶に液晶のドット模様が入っていました。

f:id:OptoEleMech:20180221230034j:plain

ネットで調べたら、SwissMicrosに連絡すると交換用の液晶を送ってくれて、自分で交換したという記事がありました。

SwissMicrosにメールすると、修理方法が分かったとのこと。

「70度の雰囲気に1、2時間放置すれば、ドットは消える」と書いてありました。

更に「真夏の自動車の中に放置しておいても構わない」とも...。

そんな都合よく自宅に雰囲気炉なんて持っていないし、今は冬なので自動車の中で放置しても意味ないし、ということで、電気ヒーターの前で温度が上がりすぎないように注意しながら(手感ですが)、加熱したところ、確かにドットは消えました。

f:id:OptoEleMech:20180221230907j:plain

本体ごと加熱して構わないとメールでは言われましたが、ちょっと嫌なので、分解して、液晶パーツを取り出しました。

f:id:OptoEleMech:20180221230916j:plain

電源が切れていてもドットは消えません。

これをヒーターの前で加熱して、しばらく待ちました。

f:id:OptoEleMech:20180221231009j:plain

加熱すると、液晶が変化しますが、温度が下がると、だんだん元に戻っていきます。

f:id:OptoEleMech:20180221231240j:plain

全体的に温度が下がると、ドットが確かに消えました。

f:id:OptoEleMech:20180221231254j:plain

元に戻して、完成です。

f:id:OptoEleMech:20180221231031j:plain

購入者が自ら修理をする商品というのもなかなか面白いですね。

失敗したら、保証期間中だったら新品と交換してくれるのかもしれませんね。