CASIOの関数電卓fx-CG500の電源を入れてみました

 

fx-CG500の電源を入れてテストしてみました。

f:id:OptoEleMech:20170529235451j:plain

電池のケースのロックが少し変わっています。

横にスライドさせて、ロック解除になります。

f:id:OptoEleMech:20170529235500j:plain

電池はやはり単4電池4本です。

f:id:OptoEleMech:20170529235509j:plain

電源を入れると、タッチスクリーンのキャリブレーションを行います。

f:id:OptoEleMech:20170529235516j:plain

選べる言語は以下の通りとなっています。

やはり日本語はありませんね。fx-CG50と違って、中国語もありません。

f:id:OptoEleMech:20170529235525j:plain

メインメニュー画面です。

f:id:OptoEleMech:20170529235534j:plain

ここで、「電卓喫茶」のnekosuki2017さんのベンチマークを動かしてみました。

f:id:OptoEleMech:20170529235930j:plain

bの値を10,10^2,10^3,10^4の4種類で計算させます。

 

まずは、 fx-CG50の結果を載せておきます。

b 計算結果 計算時間
10 50.56741154 1秒未満
100 4862.487502 2秒
1000 500264.8897 19秒
10000 50006463.15 2分37秒

 

fx-CG500の結果はこのようになりました。

b 計算結果 計算時間
10 50.56741154 1秒未満
100 4862.487502 3秒
1000 500264.8897 25秒
10000 50006463.15 3分22秒

 

計測中の写真

f:id:OptoEleMech:20170529235543j:plain

ちなみにスタイラスはこんな感じです(ピンボケですみません)。

f:id:OptoEleMech:20170529235559j:plain